【発表】「接近メロディ」をリニューアルします

安芸灘急行電鉄は、2020年2月17日(月)から駅ホームに列車が接近する際に再生する音楽「接近メロディ」をリニューアルします。

 現在は、焼山呉ラインの一部の駅で地元自治体がPRに使用した曲などを使った「地域限定メロディ」を、「地域限定メロディ」を使用しない駅で「灘急標準メロディ」を使用しておりましたが、今回のリニューアルでは「灘急標準メロディ」の種類を増やし、「地域限定メロディ」の再生は終了します。新しい接近メロディは全て灘急が制作したものです。

 新しい接近メロディ導入後は、来年度(4月以降)に灘急本線の一部の駅で新しい「地域限定メロディ」の使用開始を予定しております。使用曲は、駅のある地域と関わりが深く、PRにつながるような曲を選定中です。
「地域限定メロディ」を導入していない路線につきましても順次導入を進めるとともに、今後も、駅や路線に「愛着」や「親しみ」を持っていただけるよう、沿線地域とのつながりを意識した駅づくりを推進していきます。

●プレスリリース「接近メロディをリニューアルします」(pdf:50KB)
●関連リンク「安芸灘急行電鉄 資料集-接近メロディ

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください