なだきゅうトップ >> 軽量重工業

 軽量重工業 

軽量重工業は、灘急と関わりの深い「架空の車両製造メーカー」です。鉄道車両や鉄道施設を開発・製造、施工・管理しています。
このページから軽量重工業が製造する車両をダウンロードして使用することができます。簡単な注意事項を読んで、よかったら使ってみてください。
主な製造車両技術開発車両を導入する(注意事項をお読みください)|その他

主な製造車両
WH-1000シリーズ


▲スライドバーを操作すると塗装見本・線画をご覧いただけます

概 要
編成      4両(6・8両)
営業最高速度  130 km/h
設計最高速度  150 km/h
起動加速度   計測中
減速度     計測中
        
編成定員    計測中
寸法      計測中
制御装置    IGBT素子VVVFインバータ
駆動装置    WN駆動方式
保安装置    各種対応可
テーマカラー  コーヒーブラウン・あおぞらサイダー・ぐるぐるグレープ・さわやかミント

●乗る人・扱う人 すべての人にやさしい車両を目指して開発した次世代車両群のひとつ。

WH-2000シリーズ

概 要
編成      4両(6・8両)
営業最高速度  130 km/h
設計最高速度  150 km/h
起動加速度   計測中
減速度     計測中
        
編成定員    計測中
寸法      計測中
制御装置    IGBT素子VVVFインバータ
駆動装置    WN駆動方式
保安装置    各種対応可
テーマカラー  茶・青・桃・緑

●WH-1000シリーズの前面デザインを曲線を用いた意匠に変更し、先頭車両にホーム検出装置を搭載。内装はWH-1000シリーズに準じたものとなっている。

安芸灘急行電鉄1000系

概 要
編成      6両(4・8両)
営業最高速度  130 km/h
設計最高速度  150 km/h
起動加速度   3.4 km/h/s
減速度     3.9km/h/s(常用最大)
        4.5km/h/s(非常)
編成定員    506名(6両)
寸法      20,000×2,950×4,080 mm
制御装置    IGBT素子VVVFインバータ
駆動装置    WN駆動方式
保安装置    NQ-ATS
納入先     安芸灘急行電鉄
●灘急の顔とも言える車両。路線・種別を問わず走ります。
NQ Conservation 001 9050系「総合検測車 NQ INSPECTRAIN」

概 要
 9050系は2015年2月に導入した「総合検測車」。NQ Conservationシリーズの中心的存在でこの車両だけでほぼ全ての検測可能。信号・軌道・架線の検測装置は両側に取り付けられ、作業運転時に常に先頭側に向くようになっている。2両目には、わずかながら特急車両並みの客席スペースを設け、少人数での見学ができる。常に最新の機器を入れ替え・導入し、毎年どこかが更新されている模様。

1両目 Tc9051 信号・通信・無線・電力計測車
2両目 M9052 電力検測車(休憩室・客室スペース付き)
3両目 T’c’9053 軌道・架線計測車

製造メーカー  軽量重工業(協力:もみじレールサービス)
●安全な路線であるために昼夜を問わず、軌道や信号・架線などに異常かないか走行しながら検測しています。いつ走るかは公表されていないので、見かけた方は運がいいかもしれません!

技術開発
準備中
車両を導入する(ダウンロードして使用する)一時公開見合わせ

注意事項

  • 製造元が軽量重工業であることを明記してください。twitter上で「#軽量重工業」をつけると作者が喜びます。
  • 車両の改造(短編成化・ドア数の増減など…)はご自由にどうぞ。

    注意事項を読んだ方はこちらから車両を選んでください
    WH-1000 (18m車) 

    3ドア 狭軌 13077×990px 約550kb

    3ドア 標準軌 13077×990px 約500kb


    【補足】
    灘急と仲の良い車両メーカーなので先頭電動車が標準。側面窓の「WH-1000」の文字は消してOKです。
    技術面は詳しくないのですが、Mc1+T1+T2+Mc2 (2M2T)となっています。中間車両を動力車とする場合は床下機器等をごっそり入れ替えてください。
    作者は技術面に詳しくありません。

  • 軽量重工業は架空の車両メーカーです