なだきゅうトップ >> 灘急インフォ >> 概要

概 要

安芸灘急行電鉄とは?
安芸灘急行電鉄は広島都市圏を中心に路線を持つ架空の鉄道事業者です。
実在する地名や架空の地名・施設が登場しますが、実在する関係各所とは何の関係もありません。
実際の都市規模や人口がやや大きい都市圏であることを前提にしています。
現在、灘急本線、広島港線、西部丘稜線、岩国空港アクセス線、焼山呉ラインの5路線を運行しております。
(本線-岩国空港アクセス線、広島港線-西部丘稜線、本線-津和野街道鉄道線、本線と焼山呉ラインの一部がそれぞれ直通運転)

安芸灘急行電鉄
津田缶 (@Nadakyu_PR)

主な事業
鉄道、バスを主とする交通事業  不動産業  小売業
関連会社
なだきゅうバス-バス路線の運行
灘急開発-駅施設の運営
次世代カードサービス-ICカードの開発、利用促進、関係設備の保守
軽量重工業-鉄道車両をはじめとする公共交通機関の車両・機器の製造
もみじレールサービス……鉄道設備の開発、保守、販売
沿 革
19XX年 西中国山地一体の森林鉄道が廃止される
19XX年 森林鉄道の一部区間を旅客化
19XX年 津和野街道鉄道誕生
1960年代後半 広島市を中心とした地域で大規模な交通計画とその調査を開始
1971年4月 広島都市圏2市1町が共同で広島西部鉄軌道整備計画素案を発表
1973年2月 広島西部鉄軌道整備計画の休止(事実上の白紙撤回)
1975年3月 沿線自治体2市3町が共同で新:広島西部鉄軌道整備計画を発表し、整備を目的とした協定を締結、広島西部鉄道整備委員会を設置
1980年10月 灘急の前身 広島西部新鉄道が誕生(整備委員会は廃止、協定は継続)
1982年1月 第1種鉄道事業免許取得
1982年5月 広島空港移転候補地エリアへの路線延長を決定
1985年4月 北山駅で起工式を挙行
1986年4月 新広島空港基本計画決定、路線を海土路(山口・岩国市)ー新糸崎(広島・三原市)間に変更
1989年10月 当初の区間、大和橋ー灘急西広島の全区間で工事着手、社名を安芸灘急行電鉄に変更
1990年1月 安芸灘急行電鉄業務開始
1991年6月 安芸灘急行電鉄開業支援団体(沿線住民による組織)が発足
1993年3月 路線バス運行開始
1994年9月 海土路ー新糸崎間開業
2000年12月 安芸灘急行電鉄開業支援団体 解散
2001年1月 灘急を愛する会(沿線住民・ファンによる組織)が発足
2002年4月  安芸灘急行電鉄 西部丘稜線 開業
2002年9月 広島港線開業  西部丘稜線・広島港線 直通運転開始
2008年12月 ICカード「Naica」利用開始
2011年4月 灘急本線と津和野街道の一体的な運用の検討・調査開始
2014年1月 新路線の計画を発表
2016年2月 次世代車両営業運転開始
2016年5月   岩国空港アクセス線開業
2016年8月   焼山呉ライン(灘急川尻〜大手町間)開業
2017年7月   架空交通ICカード「KaKuCa」と相互利用スタート
2017年10月 新列車管理システム「NATCS」運用開始
2017年12月 新駅ナカ施設「cortile本通」、「cortile大手町」、「cortile広島空港」、「cortile高須台」オープン
2018年2月 地域に合わせた接近メロディ第1弾を焼山呉ラインの一部に導入
2018年10月 津和野街道鉄道線と直通運転開始
  
●安芸灘急行電鉄は広島都市圏を中心に路線を持つ架空の鉄道事業者です。
●このサイトを多くの方に見てもらうため個人の特定ができないかたちで訪問者のアクセス解析をしています